外断熱工法のススメ

外断熱工法とは?建物の外側をすっぽりと断熱材で覆ってしまう工法のことです。
外断熱イメージ01
  • 1.駆体内部の通風がよい。
  • 2.壁内結露がしにくい。
  • 3.気密処理が確実。
  • 4.熱容量が大きい。

*熱容量とは、建物全体が熱を蓄えておける力のことで、大きいほど暖まりにくく、冷めにくいということです。
外気に左右されにくいため、冷暖房コストも安くおさえることができます。

外断熱イメージ02

  • 当社の採用しているウッドブリースフォームは、省エネで快適・無害・エコノミー・静かです。
  • 外部の仕上りが多彩なデザイン、色彩、装飾が可能です。
Copyright© Kawahata Architect and Real estate Co.,Ltd.all rights reserved.